しろたんの抱き枕もらった!

今春から一人暮しを通じて、自宅では思う存分ママという寝ていたから、1方で寝るようになってから、1方が寂しくて仕方なく、かぶっている毛布などを抱きつくとか、満載ぬいぐるみをベッドに並べて、いずれかぬいぐるみを抱きつく感じで日毎寝ていました。妻が建物に泊まりに来た時は、添い寝を通してもらい、その寂しさも紛れていたのですが、遠路なので泊まりに来ることはあまりなく、ほとんどの身辺を寂しく過ごしていました。そんな中、今年の11月収7太陽に私の年齢が近づいてきたのです。年齢贈呈は、何がほしいか妻に聞かれたうち、ぬいぐるみと答えたけど、19歳になると言うこともあり、引き続き断られてあり、ちがう物を買ってもらおうという諦めかけていました。そうして、最終的に贈呈は腕時計と言うことに明かしてるうちに決まり、私もそれで満足していました。ただし、年齢今日、恋人をターミナルまで迎えに行くといった、どうしても大きな袋を持っていたのです。いまだに履歴を見ていなかったけど、腕時計じゃないことは自明でした。そうしてその日の夜中もらったものを開けてみると、済ませろたんの大きな抱き枕でした。そもそも、ぬいぐるみをもらえたことがとても嬉しかった上に、その特異は、いつもあたしがお店の中に入り、「こちらほしいなー」と言っていた製品だったのです。女の子しか、入らないようなお店なのに、そこに赴き贈呈を買ってもらったことを考えると、心からありがたくなり、今では大事なお宝で、日毎抱いて寝てある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です