Facebookにあんな投稿

以前Facebookにあんな投稿があった。「同棲くらしで乗りこえなければならない10の部分」ライフ初の同棲をはじめて3ヶ月、ようやく飛び越える先なのだろうと思い投稿を読んでみた。結論としては私の同棲くらしで乗りこえなければならない事は一環だということに気が付いた。
 乗り越えなければならない部分は、「便所の便座を決める、押し下げる論点」。便座の蓋は閉じておいたほうが、風水的にはお金がたまるらしき。前に便座の事ではないけど、立って案件を足すと周りにはねるし、こぼれて便所のフロアーが汚れるってストーリーをしたことがあったのですが、自分が便所の掃除をするので立ってさせてくれと言われそのままにしたのを思い起こした。掃除するといったびっくりなほど汚れているらしき。
本題に戻ります。やったことがある人も多いと思いますが、便座が上がっているに気が付かずに単に座ってしまい、便器にお尻がはまって仕舞うという不運があたいは思い切り発生します。これが比較的落ち込むしお尻つらいし白々しいし。できれば便座は戻しておいてほしいところです。なんだったら座ってしてくれたらいいのに。という感じです。
 その後打ち合せ、2回連続で便器にはまったら座って始める言うことになりました。その際は便所に掲示もしようかとしてある。思い切り効果があるらしきんですよ、便所の掲示。しかもお店の便所に貼っている「常に綺麗にご使用受け有難う。」的奴が。それを抜擢しようと思います。自分への喚起も含めて貼っておこうと思います。となりました。まぁこういうコンサルテーションも深夜2場合話し合ったので覚えているのか分かりませんがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です